想いを形にする会社松原製本所
想いを形にする会社松原製本所
私たちの取り扱っている商品はただの紙ではありません。印刷物でもありません。それらの紙一枚一枚にはその人の大切な想いが宿っているのです。お店のカタログやチラシには商品の説明、値段やイベント情報などが載せられており一人でも多くのお客様に知ってほしい、来店してほしいという願いや想いが詰まっています。また本には書いた人の想いや誰かに読んでほしいという想いが詰まっています。
紙に文字を書いたり絵を描くことによってその紙は伝えたい人の想いとなり生きてくるのです。「わたしの想いをあの人に伝えたい。」「あなたにわたしのことをもっと知ってほしい。」私たちの取り扱っているのは「想い」なのです。

そうただの紙ではないのです。
紙は一文字書かれた瞬間にぬくもりを持ち生きてくるのです。

また「綴じる」とは紙などバラバラになっている物をひとつに重ねまとめるという意味があります。
製本屋として当然紙を綴じて本にするのが仕事ですが、私たちの経営理念の「綴じる」には人と人を綴じるという意味があります。
製本を通して社員、家族、お客様、地域の方々と繋がり想いが一つになることによって社会が豊かになると考えています。

会社概要
所在地 〒761-8051香川県高松市西春日町1728-1
連絡先 TEL 087-866-9655
FAX 087-865-8015
E-mail seihon1@iaa.itkeeper.ne.jp
社員数 社員9名パート7名(2019年2月 現在)
代表取締役 松原英樹
専務取締役 松原明信
業務内容 製本加工 本、紙に関わる加工全般


Google Map

沿革
1958年 松原信慶(創設者)が松並町に松原製本所を設立
1965年 松原正が入社
1974年 松原正が代表取締役に就任
同年会社を紙町に移転
1977年 会社を勅使町に移転
1989年 会社を西春日町(現所在地)に移転
1997年 業務拡大につき会社を増築
2017年 経営指針作成・発表
2017年 松原英樹が代表取締役・松原明信が専務取締役に就任
2018年 一般社団法人自分史活用推進協議会 自分史活用アドバイザーの資格を取得
2019年 ホームページ開設

ページトップへ